スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hosta 'Christmas Candy'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月29日 水曜日 [Edit] 




【学名】Hosta ‘Christmas Candy’
【科名】ユリ科 Liliaceae またはリュウゼツラン科【属名】ギボウシ属
【和名】ギボウシ 【英名】Hosta(ホスタ)Plantain Lily | Corfu Lily | Day Lily
【別名】擬宝珠ギボウシ)  【品種名】クリスマス・キャンディー【性状】耐寒性宿根草

ほとんどのギボウシは地植えで育てていますが、この‘クリスマスキャンディー’と‘ヤクシマギボウシ’は鉢植えで管理しております。休眠期に鉢増しなどしたりしなかったのに順調に育ち昨年よりも大株になってきました!
次回は二回りほど大きな素敵な鉢に植え替えてあげたいなぁ~

こぼれたタネから発芽したオダマキがいるのですが、今年も開花しませんでした。
鉢の大きさにしては、宿根草の両者が育つにはちょっと狭すぎるようです。


【PR】ギボウシ(ホスタ) ホワイトクリスマスも限りなく白色の葉っぱが素敵!おぎはら植物園さんちで、2100 円也~

ホスタをお庭に植えよう! at Rakuten


地植えにしているホスタたちはかなりの日陰のせいか、まだほとんどお花が咲いてくれていません。
他のホスタたちは機会があれば、また改めでご紹介仕様と思います。



蕾が膨らみだした頃。花茎が5~6本伸びてくれました!
なんとも涼しげでしょう~~ たっぷりの斑入りの葉っぱととてもよく似合う薄い紫色です。




ギボウシは育てるのがとっても簡単なところもよいところです。
地植えにしているとあまりにも大きくなりすぎて、困ってしまうくらいです。
 
ホスタの育て方

■植え付け
半日陰、または少なくとも夏は半日陰となる場所で保水性のある、肥沃な用土を用います。

■水やり
乾燥に弱いので、水を切らさないように管理

■施肥
固形の油かすなどを春の芽だし肥料と花後のお礼肥として与える程度でOKです。

■増やし方
鉢植えの場合は数年に1度株分けしたほうが良いので、植え替えてあげれば自然と株が殖えることになりますね。

他にもギボウシを育てているのですが、ラベルがきちんとしていなかったギボウシや、私が園芸に手を染める以前から植えられていたものだったりして、それらは品種名が皆目わかりません。
ギボウシを育てるときは、バラと同じで、ラベルがしっかりと品種を明確にしているものを購入されたほうがよいかもです!

もっとも品種によって、育て方が大きく変わるというものはないのかな?


弊ブログ内関連記事: ホスタ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ