スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cordyline australis 'Red Sensation'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月09日 日曜日 [Edit] 




【学名】Cordyline australis 'Red Sensation' (コルディリネ・アウストラリス ‘レッドセンセーション’)
【科名】リュウケツジュ龍血樹)科 Laxmanniaceae 【属名】コルジリネ属 または コルディリネ属
【和名】匂棕櫚蘭ニオイシュロラン) 【英名】Cabbege Treeキャベッジツリー) Cabbage Palmキャベッジパーム) 
【別名】千年木センネンボク) 【マオリ語】Tī rākau or Tī kōuka  【品種名】‘レッドセンセーション
【原産地】ニュージーランド アジア オーストラリア
【性状】半耐寒性常緑多年草(0℃以上 できれば5℃以上) 【草丈】6~9m 【花期】5~6月
【用途】鉢植え ハイドロカルチャー 暖地では地植え 寄せ植え

ニンマリ~~( ̄m ̄*)゚

わ~~い、ゲット! ゲット! 以前から欲しいなぁ~と思っていたコルジリネを入手いたしました♪
我家では耐寒性で問題があり、地植えでは難しいと思っていたので、安くない苗ですので購入をためらっていたのですが、黒色系が大好きな私です。やっぱりガマンできなくなって遂に手を出してしまったのです。

本当は屋外で寄せ植えなどにして使いたかったのですが、とりあえず購入後に鉢増ししまして、玄関に置いてある鉢たちの間に置きました。


【PR】珍しいコルジリネコルジリネ "エレクトリックピンク"(全高約60cm・5号鉢)は、ガーデニングショップ四季の里さんちで3,129 円也~

今回は、Flower&Green GARDENさかもとさんちでお世話になりましたが、この子もいいでしょう?

コルジリネを探そう! at Rakuten


ところが耐寒性がないとばかり思っていたのですが、どこかのサイトで雪をかぶっても越冬したという記事を見たことがあり、もしかしたら、我家でも越冬が可能かもしれません (^o^) ただまだこの子からは保険を取れない状況なので、大きくなってくれて挿し木がとれるようになったら、実験してみることにします。
今は一鉢しかないので、万が一越冬できなかったら痛すぎますので(^^ゞ



さて、いつもどおりはじめて育てる植物ですので、お勉強タイム♪

購入したFlower&Green GARDENさかもとさんちのページによれば
・日当たりを好み、光線が弱いと葉色が悪くなります。
・冬は霜や寒風のあたらない場所で管理してください。
・とても大型の植物なので、植えつける鉢の大きさに注意してください。
・葉色が悪くなった下葉は、冬に取り除くと春に新葉が展開します。


とありましたが、もう少しお勉強です。

コルジリネの育て方

■植え付けと植え替え
適期 5~7月
鉢植えで購入したら地下茎が回っているようなら鉢増しします。2年に1回を目安に植え替えます。
水はけ・水もちともに良い用土を用います。バーミキュライトなどを使ってもOK
葉焼けを起こすので直射日光は避けますが、日光に当てないと葉色が悪くなります。
気温が15℃を下回るようになったら室内で管理するほうが失敗がすくないようです。

■水やり
水遣りをしすぎると根腐れを起こすので、用土の表面が乾いてからたっぷり与えます。
我家のように寒冷地ならば冬場はかなり水遣りを控えたほうがよいようです。

■施肥
冬期間は不要です。生育期の5~9月液体肥料なら1週間に1回、固形肥料なら2ヶ月に1回与えます。肥料切れになると葉色が悪くなります。

■剪定方法
ほとんど剪定は必要ありません。冬に痛んで汚れた葉を生え際から切る程度。樹幹頂部をバツンと切ると枯れてしまいやすいので注意。

■増やし方
とり木と挿し木や茎伏せ
適期 5~7月

■害虫 
ハダニ カイガラムシ

参照記事: ヤサシイエンゲイ - コルジリネ
        Wikipedia - Cordyline< (NZ)/a> 

弊ブログ内関連記事: 
コルジリネ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ