スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤色モントブレアの終焉

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月04日 火曜日 [Edit] 




【学名】Crocosmia × crocosmiiflora
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】モントブレチア属 またはクロコスミア属
【和名】檜扇水仙ヒオウギズイセン) 【英名】Crocosmia (クロコスミア
【別名】姫檜扇水仙ヒメヒオウギズイセン緋扇ヒオウギ) 檜扇ヒオウギ) モントブレチア
【性状】耐寒性球根 (秋植え)
【原産】南アフリカ 【草丈】60~150cm 【花期】7~8月
【用途】地植え 鉢植え 切花

お庭の隅っこに固めて植えてあるクロコスミアですが、もうすっかりお花は終わっているという頃に記事のアップ(^^ゞ 失礼いたしております。

この子はあまりにも当たり前に我家では毎年咲いているので、注目度が低くて・・(笑)
やや、ヤッカいモノ扱いになってしまっているのです。
開花の頃は夏の暑い時期で、真っ赤な花はさらに暑さを呼ぶような(^^ゞ

背丈も高くなるので、横倒しになったりするので、どうも扱いにくいのです。もっとも植えてある場所にも問題があり、これは私の(〃_ _)σ∥反省すべきところです。


【PR】クロコスミアの球根Crocosmia x crocosmiiflora
キイロもかわいいわぁ~~ 小型種は取り扱いも楽チンです♪

モントブレチアを探そう! at Rakuten


いつの間にか、株の数が増えているクロコスミアで、そろそろ球根を分けたりしなくちゃならないとは思うものの、あまり日当たりもよろしくない場所ですし、折角球根を分けるなら、別のところに植えたいと思っているので、迷いながら何年も経過している感じです(^^ゞ



ちょっと日陰になってしまうから、余計に徒長してしまって葉っぱもワサワサになり、たぶん私が踏み込めないような状況を作ってしまっているのです。
この子がいる辺りは、クリスマスローズが成長するのにとてもよい場所ではないかと思っているのももう一つ、移植を考えている理由なのです。




お花が終わると、マイクロミニなゴツゴツしたジャガイモのような種をつけるので、私は花茎は切り取っています。


クロコスミアの育て方

■植え付け
日当たりを好みますが、一日3時間以上日の当たる半日陰でも育ちます。
球根は植えっぱなしでもよく増えますが、分球して植えるなら3~4月が適期です。
鉢で育てる場合には、大きなコンテナを用い、15~30センチ間隔で植えつけます。
腐葉土を梳きこんだ、水はけのよい用土を用います。

■水やり
地植えの場合にはほとんど不要です。
また鉢植えの場合でも植えっぱなしでもよく、冬の休眠期には水遣りは不要です。

■施肥
あまり必要としません。

■増やし方
秋に葉っぱが枯れてきたら掘りあげて分球します。

弊ブログ内関連記事: モントブレア | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ