スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育てやすい!宿根フロックス

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月20日 木曜日 [Edit] 




【学名】Phlox paniculata
【科名】ハナシノブ科 Polemoniaceae 【属名】フロックス属
【和名】花魁草オイランソウ) 【英名】Summer Phlox  
【別名】草夾竹桃クサキョウチクトウ
【流通名】宿根フロックス
【草丈】30~80cm  【原産地】北アメリカ、ヨーロッパ
【性状】耐寒性宿根草 
【用途】地植え 鉢植え 

満開御礼~

この子は昨年、挿し芽をとって日当たりのよいところに植えたのですが、無事にオトナになってくれました。
シルバーがかったコニファーのお隣なので、白いお花が栄えます。

ただ生育旺盛ですから、割合と近いところに植えてあるクリスマスローズのステルニーたちに悪影響を及ぼしたりはしないかと、ちょっと心配なのですけど(^^ゞ


【PR】斑入り宿根フロックス「モントローザトリカラー」Phlox divaricata 'Montrose Tricolor'は、Flower&Green GARDENさかもとさんちで504 円 也~
斑入りとなると、ぐっと私の触手をそそるなぁ~~ 

夏に元気な宿根フロックスを探そう! at Rakuten


親株のほうはというと、こちらは脇芽も出ていて、やはりきれいに開花しました!
風通しが悪いので、ちょこっとウドンコ病らしいものがでているのが気になりますが、それらも株元のみにちょっとみうけられるだけで、お花には異常はなく、なんとか病気との闘いに勝ってくれていたようです。



挿し芽のほうですが、春先に摘心しておけばよかったのですけど、なぜか忘れてしまったので、花茎は一本立ち。一方昨年摘心した親株のほうは、5本立ちくらいになっています。
背丈は少し短くなりますけど、花数は多いほうがよいので、来年春先には摘心を忘れないようにしなくては!

宿根フロックスの育て方

■植え付け
水もちのよい用土を好むので、ピートモスやバーミキュライトを混ぜた赤玉土が適しています。移植を嫌います。

■水やり
用土の表面が完全に渇く前に水遣りします。

■施肥
有機質を好みます。植え付けのときにたっぷりすきこみます。

■増やし方
種まき、または挿し芽から殖やすことができます。

弊ブログ内関連記事: フロックス | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ