スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリーヴを育てたいっ ^0^

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月14日 月曜日 [Edit] 

【学名】Olea europaea
【科名】モクセイ科 Oleaceae 【属名】オリーブ属
【和名】 【英名】オリーヴ(オリーブ) 【別名】
【原産地】南欧 地中海沿岸 オーストラリア
【性状】半耐寒性常緑樹(-2℃~3℃くらいまで) 【草丈】2~7m 【花期】5~6月 
【用途】鉢植え 

これまで自分が育てているものか、もしくはお出かけ先で盗撮した写真をアップしてまいりましたので、自分が撮影したお写真ナシの記事は初めてです。

以前から育てたいと思っていたものの一つにオリーブ(オリーヴ)の木があります。
私の中では、寒冷地に住む私には地植えは無理と諦めておりましたが、一念発起!た
鉢植えでもいいじゃんという気持ちになって、照準を設定(笑)
ヤサシイエンゲイのサイトでも、東北では地植えはできないと書いてありましたし。


【PR】 オリーブ 天然の有効成分がたっぷり★動脈硬化防止も期待できます!オリーブの苗は、ファーム フローラルは、609 円也~

ハート型の葉っぱがでてくると、幸せになれるといわれているネバディロブランコです。
もっと大型の苗も売られていますが、私のお財布ではこのくらいからはじめなくてはなりません(笑)
がっ、花が咲いてが成るのは樹齢8年以上の木と言われていますので、悠長なことを言っていたら、私は本格的なおばあちゃんになっちゃいます。ある程度大きな苗を購入しようかなぁ~~ ミミミ



でもテキトーに購入してしまうと、失敗しそうなので、まずは私でも失敗しなさそうな品種などを調べてみることにしました。

調べてみると種類はたくさんあるし、どの子が寒さに強く育てやすいのか、全くその品種名ではわからず・・・ 地植えでは無理。大きめのコンテナも用意する必要があります。

購入する前にキチンと勉強せねばなりません。

参考にしたサイトは以下のとおり。
GDP http://www.gdpweb.jp/htm/okugaijyu/olivebreeds.htm
ガーデニングに向くオリーブの品種は?(NHK出版 趣味の園芸 Shumien News) http://www.nhk-book.co.jp/engei/news/olive.html
オリーブの木をもっと楽しみたい! a>NHK出版 趣味の園芸 Shumien News) http://www.nhk-book.co.jp/engei/news/olive_2008.html
ヤサシイエンゲイ オリーブの育て方 http://www.yasashi.info/o_00008g.htm


以前、NHK趣味の園芸でオリーブが紹介されていたときの情報も参考にしました。
入手しやすいのは、10種類程度あります。
‘マンザニロ’ (スペインで葉っぱが小さめで大きくならない) 盆栽にもできるとか
‘ルッカ’ (小豆島 主幹があり、丸葉でどちらかというとシルバーというより緑色)
‘ネバディロブランコ’ (主にオリーブ油を採取するための品種。目隠しとしても使えて、風に強く、生育も早い。横に広がる特性を持ってて樹形がよい 緑色系で育てやすい)
‘ミッション’ (一番オリーブの木のイメージにちかく、シルバー系で葉っぱを愉しめる)

オリーブオイル作りを目指すなら、のオイル分量が多い品種の‘ルッカ’。
大きながなる品種には、‘アサバ’、‘バロウニ’、‘ジャンボカラマタ’があります。小さくてもたくさんがたくさんなるオリーブならば、‘コロネイキ’などの品種がよいようです。

まだあまり入手できないものは、‘フラントイオ’、‘レッシーノ’、‘コラティナ’、‘チプレッシノ’などがあります。

では、耐寒性はどうなのでしょう?
‘ネバディロ・ブランコ’と‘ミッション’は寒さに弱いようで、東京でも地植えですと枯れてしまったりするようです。‘チプレッシノ’は、生育が遅いものの、寒さに強いらしいです。
‘フラントイオ’や‘コルティナ’は生育が遅くてコンパクトな樹形になるで、ベランダガーデン向き。

をつけさせるポイントは、二品種以上そだてること。なぜなら、自家受粉しにくいから。
お花の咲く時期(5月頃)、雨に当てさせないようにすること。

私は大のオリーブ好き、木のほうも魅力的ですけど、なんといっても収穫したてのオリーブ、自分で育てたオリーブのが食べた~~~~~い^0^
最低でも二苗はゲットせねばっ。


オリーブ【ミッション】天然の有効成分がたっぷり★自宅で生き生き健康生活♪オリーブをこんなふうにしたてても楽しいですね~♪

オリーブの木を探そう! at Rakuten


さて、接ぎ木苗の方が病気に強く生育も旺盛で育てやすいとも言われるので、購入の際にもココがポイントのひとつでもあります。
剪定した枝を使って、クラフト作りも楽しめます。お箸、箸置きをすくったり、葉っぱを食卓に飾ったりすると、ぐっとアップグレードしますね~~ でも私の場合、これからですので、クラフト作りはまだまだ道のりが遠いわぁ~

オリーブ育て方オリーヴの育て方)】

■植え付け
ポット苗で購入したら、一回り大きな鉢にパーライトや軽石などを敷いて水はけをよくして、市販の培養土などで鉢増したっぷり水を与えます。ただし、酸性土壌を嫌い、アルカリ性を好みますので植え付ける10日前に石灰を多めに混ぜ込んでおきます。ほんの少しだけ根鉢をくずしてから、植えつけます。
小さな苗の場合、支柱などを立てて固定させゆらつかせないにして風通しのよくお日様がよく当たるところで管理します。
冬の間は霜や雪の当たらないところで管理しますが、冬の間に寒さに当たることで花が咲くので、8年以上たった苗の場合には、をつけさせるために屋外で管理したほうがよいようですが、あくまでも耐寒温度は守らなければなりません。
関東以西の温順なところにお住まいのかたは、3年以上経っている苗を地植えにできるようです。

■植え替え
一年に一回を目安に鉢増しします。

■水やり
乾いたらたっぷり与えます。

■施肥
チッ素・リン酸・カリが等量配合の緩効性肥料か有機質の肥料、2・4・6・10月に与えます。
特に冬の肥料やりはとても重要です。

■増やし方
挿し木で殖やすことができます。適期は7月。伸びた枝を10cmくらいのところで切り取って、湿らした川砂に挿し、根がでるまでは半日陰の場所で乾かさないように管理します。

■剪定
枝が混み合ってきたら、「すかし剪定」といって、太陽がよく当たるように剪定をします。
イメージとしては、向こう側がよく見えるくらい隙間があるように剪定します。
交差しているところ、平行して出ている枝、または地面近くで太陽を遮るようなところを、枝元からしっかり剪定します。

今年伸びた新しい枝にお花が咲いて、がなるので、若葉だけ切るというようなことをしないように気をつけます。また冬は花芽分化が行われる時期なので今年伸びた枝の剪定は避けます。

■病気・害虫
ハマキムシ

弊ブログ内関連記事: オリーブ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ