スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丈夫で育てやすい秋明菊

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月04日 日曜日 [Edit] 




【学名】Anemone hupehensis var. japonica 
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】アネモネ属
【和名】秋明菊 (シュウメイギク) 
【別名】貴船菊キブネギク)/ ジャパニーズアネモネ / ボタンキブネギク
【英名】Japanese Anemone  【草丈】70cm  【花期】9~10月
【性状】耐寒性多年草 【原産地】中国・日本
【用途】地植え 鉢植え 秋花壇 オータムガーデン

この子たちは、地下茎でどんどん増えるので、結構引き抜いたりしているのですけど、それでも毎年必ず咲きます(^^ゞ

秋の深まりを感じ花、シュウメイギク。
珍しくもありませんが、去年は咲かなかったところで大株になって、お隣のコレオプシスとの競演となりました~



夏に冷涼だったせいか、とても蕾の上がりがよいのです。

あっ、そうそうこれまでよく観察していなかったのですが、この子って夜になると花びらを閉じるのですね。太陽があがると花びらを水平になるまで開ききるのですけど、夕方にはふっくらとしたカタチになります。


【PR】バイカラー咲き秋明菊「りょうぜん」(霊山)は、Flower&Green GARDENさかもとさんちで1,890 円也~

桃色の秋明菊も欲しいなぁ~♪ at Rakuten


我家のは真っ白なシュウメイギクですが、上記のリバーシブル、いいですよね~
桃色もいいなぁ~と思っていたのですが、次にはこの子をゲットしよっと♪
といっても、秋は欲しい苗がてんこもり(笑) なんといっても、クリスマスローズやクレマチスが多く出回るシーズンで、植え替え用土や肥料、薬剤など出費が多いのでどれかをガマンしなくちゃなりません。

毎年、毎年のことながらどの子をゲットするべきか、迷うわぁ~




背丈が伸びすぎて、太陽に向かってナナメに倒れかかっているので、麻紐でまとめて転倒防止(^^ゞしなくちゃならない状態です。
今年は三箇所にまとまって咲いています。

シュウメイギクの育て方

あまりにも育てるのが簡単なので、特記することもないような感じのシュウメイギクではありますが、一応おさらいです。

■植え付け
シュウメイギクは中性から弱酸性の土を好みます。また半日陰くらいのほうが順調に育ちます。
一度根付いてしまえば、日向の場所でも問題なく育ちます。

■水やり
やや湿り気があるほうが好きなので、鉢植えで育てる場合には表面が渇き気味になってきたら水遣りをします。

■施肥
タイミングとしては花後に有機肥料や緩効性の肥料を施します。
私が育てているシュウメイギクには肥料は施しません。あまり大きくなってしまうと厄介ですので。
その代わり花後には、種をつけさせないように花柄は切り取っています。

■増やし方
ランナーがでてよく増えます。
種からも育てることはできるようですが、伸びたランナーを切り取って鉢に植えつけて、根付くまで水遣りを忘れなければ大丈夫です。
適期は春先です。


参照記事:ヤサシイエンゲイ - シュウメイギク

弊ブログ内関連記事: シュウメイギク | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ