スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルバーリーフの朝霧草

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月03日 木曜日 [Edit] 




【学名】Artemisia schmidtiana
【科名】キク科 Asteraceae  または Compositae 【属名】アルテミシア属
【和名】朝霧草アサギリソウ) 【英名】 Satiny WormwoodサティニーワームウッドMugwortマグワート) 【別名】Artemisiaアルテミシア
【原産地】日本 サハリン
【性状】耐寒性多年草 【草丈】15~40cm 【花期】9月
【用途】鉢植え 地植え 寄せ植え ロックガーデン ナチュラルガーデン

おかしいな?もう何年もお付き合いしているアサギリソウなのに、このサイト内で検索しても記事がみつかりません。あれれ(@o@)

あまりにも当たり前すぎて記事にし忘れていたみたいです(^^ゞ この子は盆栽が好きだった7年前に亡くなった叔父から生前にいただいた子です。アサギリソウとフウチソウを入れた根洗い盆栽仕立てや地植えにして愉しんでいます。

秋を感じる頃になるとそうそうに蕾を上げますが、私はせっせと蕾は切り取りあまりお花を咲かすことはありません。

この子はフワフワした銀色の葉っぱを愉しむことに決めています(笑) なので記念撮影後は蕾を切り取ってしまいました。でもまたすぐに蕾を上げてしまうのですけど。


【PR】ふわふわとして銀白色の絹の毛のような葉が綺麗です。朝霧草・アサギリソウ 5本は、SORAさんちで1200円也~

アサギリソウを探そう! at Rakuten


叔父からもらった1株から挿し芽をとって殖やし、ちょっとした地面の隙間に植えたりしておくのですが、シルバーリーフが他の子たちの引きたて役となってくれます。
ストレスで心が病んでいるときに、この子のふさふさした葉っぱに触れるといやされます。
まるでビロードのような感触なんですよ~~



我家においては、冬期間は葉っぱをすべて落としてしまうのですが、温かいところですと周年で葉っぱを愉しめるようです。
夏になる前に葉っぱがきれいに生えてきたところで、一度切り戻しをしておくとこんもりとした姿になります。

アサギリソウの育て方

蒸れに少々弱く、株元が込み合うとせっかくのシルバーリーフが枯れ込んだりしてしまいます。
山野草として分類されることもあり、水はけのよい土でやや乾燥気味に育てるイメージです。

■植え付け
水はけを良くするために植え付けの用土には少し砂を使ってもよいと思います。

■水やり
やりすぎに注意します。

■施肥
多肥は好みません。

■増やし方
挿し芽と種まきで殖やすことができます。
冬場以外はいつでも挿し芽できます。


弊ブログ内関連記事: アサギリソウ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ