スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーパトリューム ’チョコレート’の白い花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月22日 火曜日 [Edit] 




【学名】Eupatorium rugosum 'Chocolate'
【科名】キク科 Compositae 【属名】ユーパトリウム属 またはヒヨドリバナ属
【和名】丸葉藤袴ハルバフジバカマ) 【英名】Tall Boneset(トールボネゼット) White snakeroot(ホワイトスネークルート) 
【別名】玉咲き銅葉藤袴タマザキドウバフジバカマ
【草丈】100cm 【花期】夏~秋
【原産地】北アメリカ
【性状】耐寒性宿根草 【用途】鉢植え 庭植え

鉢植えで育てているユーパトリュームが白い花を咲かせ始めています。

2009年5月初旬に地面にブスッと挿しておいたものからもちゃんとお花が咲きまして、無事に増殖任務も遂行きました。あとは小苗であっても越冬できるのかどうか、それが心配ですが、この子はかなり耐寒性があるようなので、楽観的に考えております。




チョコレート色をしていた葉っぱは、お花が咲く頃にはあまりチョコレート色が強くでなくなって、深い緑色になっています。

チョコレートという名前は、葉っぱの色からつけているのでしょうけど、お花は小花の集合体でありまして、真っ白です。


宿根草ユーパトリウム ’チョコレート’
価格 300円 ~

昨年、おぎはら植物園さんちでお世話になって、入手したものです。

【PR】 ユーパトリウムを育てよう♪ at Rakuten



親株のほうは、今年びっくりするぐらい背丈が伸びてしまい、鉢植えで寄せ植えにするには、バランスがとれないほどになってしまいました(^^ゞ 
私としては鉢植えならば、限られた領域内ですので、1メートルにはならず小型化するのではないかと予想していたのですけど、ぜんぜんそんなことはもろともせずにぐんぐんと成長しちゃいました。



その生育旺盛さと比例して、水遣りをちょっとでも怠ると水切れを起こさせてしまう結果となり、何度も何度も水切れ状態になってしまったにもかかわらず、お花を咲かせてくれたことに感謝!中~です。

ユーパトリウムの育て方

■植え付け
日当たりを好みますが、耐陰性もあります。
ただ、お日様が当たらないと葉っぱの色が悪くなります。
成育旺盛なので、鉢植えで管理するほうが無難です。
植え付けの適期は春。

■水やり
地植えの場合不要です。鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷり与えます。

■施肥
植え付けのときに肥料をすきこむ程度で十分です。

■増やし方
株分けで増やすことができます。適期は春。

弊ブログ内関連記事: ユーパトリューム | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ