スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満開のミセバヤたち

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月23日 金曜日 [Edit] 




【学名】Hylotelephium sieboldii (=Sedum sieboldii)
【科名】ベンケイソウ科 Crassulaceae 【属名】ムラサキベンケイソウ属
【和名】見せばや(ミセバヤ) 【別名】玉の緒タマノオ
【性状】耐寒性多肉植物 
【原産地】日本
【性状】耐寒性多肉植物 【草丈】 20cm 【花期】10月~11月
【用途】鉢植え 地植え

我家で秋に咲いてくれる数少ないお花のひとつ、ミセバヤです。
この子はホントに挿し芽が効きやすいこともあって、かなりの株数になっており、花壇の縁取りに使ったり、ハンギングにしたり、鉢植えの小鉢や大鉢にも植え込んでいるのです。

そのうち、今日はハンギング仕立てのものをご紹介♪洋風のテラコッタに植えつけてしまったけど、和風の感じにもできるんですよね~ (o^-')b


【PR】ホトトギスとミセバヤの寄せ植えは、 山野草と盆栽の専門店ヴェールモアさんちで5,250 円也~

我家にはホトトギスもあるので、今度は和モノ風にホトトギスを使ってしててみようかしらん♪この子は丈夫なので苔玉でも結構いけそうです!

ミセバヤを探そう! at Rakuten


花壇の縁取りに使っているものは、私に踏みつけられてしまう不運に見舞われて、お花が痛んでしまっていたりするので(^^ゞ 鉢植えにしてあるもののほうが記念撮影向きです。



蕾もぞっくりとあがりだした9月からゆっくりと時間をかけて丸い肉質の葉っぱの先端にこんもりとした丸い形の桃色の花を数多くつけるのです。
円形の鉢を使ったので、円盤状の形に仕上がりました~




もうしばらくすると今度は葉っぱが紅葉するのですが、その紅葉もまた愉しい~
やはり紅葉する植物って良いですよねっ!






放任しておくくらいでが元気なんですよね~ この子。
水遣りをしすぎて徒長させてしまったりしないようにしませんと!

ミセバヤの育て方

■植え付け
日当たりのよいところに植えつけます。きれいな紅葉を見るためにも必須です。
厳寒地ならばマルチングで至芽を守ってあげると良いと思います。

■水やり
の間もこうして生きていますので、鉢植えの場合は水遣りを忘れないようにします。
過湿は嫌うので、やりすぎに注意します。

■施肥
春に固形の有機肥料を与える程度で十分です。

■増やし方
春か秋に芽を切り取って、挿しておけば簡単に根付きます。

弊ブログ内関連記事: ミセバヤ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ