スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと増えすぎ^^; ガラニチカ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月25日 金曜日 [Edit] 




【学名】Salvia guaranitica
【科名】シソ科 Lamiaceae  【属名】サルビア属
【流通名】グアラニチカ または ガラニチカ 
【英名】Blue anise sage,  Brazilian sage,  Anise sage
【別名】ブルー・アニス・セージ ブラジリアン・セージ アニスセージ
【原産地】ブラジル、パラグアイ、北アメリカ
【性状】耐寒性宿根草 【花期】6~7月  【草丈】150cm 【用途】花壇

この子は本当にびっくりするほど丈夫なサルビア(セージ)です。
たった一株を地植えにしたのですが、抜いても抜いてもでてくる感じ。

地面から花茎ごと引き抜いたつもりでも、地下茎が残っていて、そこから翌年にはまた小さいながらも芽がでてきたりして、どんどん大きくなりあっという間に見事な株になってしまいます。

もっとも秋に咲く花が少ないわが庭では欠かせない存在ではあるのですが。


【PR】サルビア ガラニチカ (メドーセージ)は、おぎはら植物園さんちで、315 円也~

ガラニチカを探そう! at Rakuten


でも、他の子たちに悪影響を及ぼすこともあるので、間引く作業がかかせません。
これまでは花壇の中に植えていたのですが、とても固くて砂地のようなヒドイ土壌のようなところにも植えてみましたけど、全然もろともせずでしたので、花壇の内部には植えないことにして、この秋には花壇内のはすべて抜き去り移植の予定です。



今年は例年よりもたっぷり咲いている印象なのですが、夏の暑さがあまり強くなかったせいかしら?
などと想像しているのです。
皆様のところでも今年は秋のハーブたち、イキイキしていませんか?

サルビア・グアラニチカの育て方

■植え付け
苗で入手した場合には、水はけのよい土に植えつけます。

■水やり
どちらかというと乾燥気味に育てます。地植えの場合には不要です。鉢植えの場合には用土の表面が乾いたらたっぷり与えます。

■施肥
あまり必要としません。

■増やし方
殖やそうと思わなくても自然に地下茎でどんどん増えます^^;


弊ブログ内関連記事: グアラニチカ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ