スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今頃?銅葉ヒマ(^^ゞ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月05日 月曜日 [Edit] 




【学名】Ricinus communis 'Gibsonii'
【科名】トウダイグサ科 Euphorbiaceae 【属名】 トウゴマ属
【和名】唐胡麻トウゴマ) 【英名】Castor oil plant (キャスターオイルプラント) Castor beanキャスタービーン
【別名】蓖麻ヒマ) 【品種名】ギブソニー
【原産地】熱帯東部アフリカとインドが原産
【花期】 4~5月蒔きで8~9月咲き 【草丈】
【性状】非耐寒性多年草 (一年草扱い) 【用途】花壇 

今年春に種をまいた銅葉ヒマギブソニー’は、ちっとも芽を出してくれなかったのに、夏場に芽がでてきたものと、最近になって発芽したものがあり、どちらももう霜が降りる時期に挿しかかっているので、種を作る前までに大人になれそうもありません _| ̄|○

何が原因だったんだろうなぁ~ 

春に播いたときに、日時を書きとめておけばよかったのですが、播種した日ははっきり思い出せません^^;

昨年9月記事と比べましても、その生育具合に大きな差があります。




先日見つけた子などには、まだ本葉がようやく一枚でてきたところなのです。

寒さに弱くて、霜が降りようものなら、一巻の終わりなのです。
あぁ~~なぜに今頃でてきちゃったんでしょうねぇ~ 順当に春から育ってほしかった!

【PR】 銅葉の子、探してみよう~♪ at Rakuten

昨年などは、草丈も高くなり、かなりの存在感がありましたが、今年は別人のように小さいままです。掘りあげて、鉢植えにしたものを室内で越冬すれば、来年の春早々から愉しめるということになるのかもしれませんが、我が家では室内での越冬も難しいような気がします。

悩むなぁ~ 室内で越冬するにしても場所がなぁ~ 鉢の置き場を捻出するのに、今から頭を痛めているというのに。今年はエアプラを随分仕入れてしまったので、ホントに場所がないんです。



そういえば、お隣のオバサンにも種を差し上げたのですけど、育っている様子は見受けられず・・・
やはり今年の気候を好んでくれなかったのかしらん?

トウゴマの育て方 または ヒマの育て方

■植え付け
今回は種から育てていますが、種を播いたときに、その部分に清潔な土を新たに入れてから播いておきました。苗から育てる場合には、元肥をすきこんでおくと良いと思います。

■水やり
かわいたらたっぷり与えます。

■施肥
成長期の4~6月に有機肥料を置き肥として与えます。

■増やし方
種から殖やします。発芽温度に気をつければ、種は大粒で育てやすいはずです^^;
本来多年草の植物だそうですが、日本では一年草扱いなので、毎年種を播いて更新します。

さて、こうして記事の準備をしている間に雪が降ってしまいました・・・
雪が溶けたあとには、凍傷になったヒマの姿が! ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!

まだまだたくさん種が出来ておりましたのに、熟することなく天に召されてしまったようです。
種は数えるほどしかまだ収穫できておりませんでしたのに・・ がっかりです。

ただ鉢植えにして冬の間温度を保つことができる環境であれば、越冬も可能のようです。
ですので、来年はダメ元で地植えと鉢植えで管理してみようかなぁ~


【PR】巻きスカートとしても使えるクッションが紹介されていました!
使わないときはクッションに早変わりする便利アイテム!ゆったりとした時間のお供に是非♪
欲しいなぁ~



Wikipedia参照記事: ギブソニー

弊ブログ内関連記事: 銅葉ヒマ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ