スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと2mくらいかな?ハナミズキ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月08日 木曜日 [Edit] 




【学名】Cornus florida 'Rainbow'
【科名】ミズキ科 Cornaceae (dogwood family) 【属名】ミズキ属
【和名】亜米利加山法師アメリカヤマボウシ)【英名】Dogwood
【別名】アメリカハナミズキ 花水木ハナミズキ) 【耐寒性】-25℃
【原産地】北アメリカ東部
【品種名】レインボー
【樹高】3~12メートル 【花期】4~5月
【用途】地植え 鉢植え 紅葉

いつの間にか、もう3年が経過していました! わが庭のシンボルツリーにしたいと購入すれども、お財布の中身と相談した結果、樹高50センチ程度の小さな苗しか買えず(^^ゞ いつまでたってもシンボルツリーになってくれないハナミズキです。

でも、3年目でようやく2メートルくらいの高さになってきて、少し目立ち始めました。生育のスピードは速いほうの樹木とですね。ただいまだにお花は一輪も咲いてくれてません。お花もさることながら、美しい実も早く実物で鑑賞したいなぁ~

特にこの時期は、真っ赤に紅葉するので見事です。春先に展開し始めたときの葉っぱ(↑)は黄緑色に透明感があって、美しいのですが秋もイイでしょう?

この子は斑が入るタイプなので、夏場は清涼感も運んでくれてます。記事をアップしそこなってますけど。



【PR】【特価●送料無料セール】10本限定 / 15%OFFハナミズキ "レインボー" (樹高:0.6m内外)は、ガーデニングショップ四季の里さんちで3,990 円也~

私が3年前に購入した苗もこのくらいの高さでした~~^0^

シンボルツリーはハナミズキ! at Rakuten


シンボルツリーにしたいなら、ちょっとがんばって樹高2メートルくらいのものを入手するほうがよいかもしれませんが、コンテナなどで管理するなら小苗でもOKですね。
大型のコンテナに春咲きの球根や、クリスマスローズなどと寄せ植えにすればダイナミックな一鉢になると思います。

今年は昨年ほどウドンコ病が発生せずに済んだので、紅葉もキレイです。
夏の暑さで一時水切れっぽい感じが見受けられたものの、ダメージは少なくて済みました。
マルチングがわりに、株元にアジュガを植えてみたらこれがまた随分と増えて^^; ちょっと増えすぎの様相です。



先日、ふっと見上げると(まだそれほどの高さではいか)トンボ君がテッペンにとまっていました。
秋ですね~~

ハナミズキの育て方

■植え付け
2~3月が適期です。また休眠に入る12月くらいでもOK。
植え付けには、お日様が良く当たり、肥沃な土を用意します。西日を嫌うそうですが、やや半日陰になるところでもOK。時期は春にまだ芽が出る前が適期です。
夏のキョウレツな暑さがちょっとニガテな反面、冬の寒さにはよく耐えます。

■水やり
根があまり深く地面に伸びてゆかないため、梅雨明けから夏は、マルチングなどで乾かさないように管理します。
鉢植えにしている場合は用土の表面が乾いてきたらたっぷり与えます。

■施肥
堆肥や腐葉土を根の周りにすき込む寒肥と花後のお礼肥として、油粕と骨粉を混ぜたものを施します。 

■剪定
徒長した枝にはお花がつきませんので冬期間に落とします。枯れた枝や絡み枝などを整理するなら花芽ができる夏までには済ませるようにしますが、花後すぐに行うのがポイント。
ただハナミズキは樹形が整ってくれるのであまり剪定に気を使わなくても大丈夫です。
また秋についた実はそのままにしておくと体力を消耗させるので、摘み取るほうがよいようです。

■病害虫
アメリカシロヒトリが発生することがあるようです。
ウドンコ病は6月くらいから発生しやすくなります。トップジンMかベンレート(800倍液を5月と7月に各1回)を散布します。冬は石灰硫黄合剤・サンヨール乳剤などで予防消毒をします。

■増やし方
挿し木は若い枝を5~7cm切り取って、6月頃にできます。1時間ほど給水させて穂木を斜めに4cmほど挿し、たっぷりと水をあげて10日間は明るい日陰で管理。それ以後は日当たりのよいところで管理します。土の表面が乾き出したら水を与えてながら管理すれば秋に発根のはこびとなります。ヽ(*^^*)ノ
実生でも増やすことが可能で、その場合には4年ほどでお花をつけるようになるそうですが、実生だけでなく、発芽したものをさらに接木することで丈夫な苗となるようです。

弊ブログ内関連記事: ハナミズキ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ