スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏櫨の実も黒々と!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月15日 木曜日 [Edit] 




【学名】Vaccinium oldhamii
【科名】ツツジ科 Ericaceae 【属名】スノキ属 
【和名】夏櫨ナツハゼ) または 夏黄櫨  【英名】Oldham blueberry 【別名】やろっこのハチマキ ハチマキぶどう ブンブクチャガマ ゴンスケハゼ
【性状】耐寒性低木 【樹高】1~2m 【花期】5~6月
【原産地】日本 朝鮮半島 中国
【用途】庭植え 鉢植え 食用 ジャム

夏から「ハゼ」のように紅葉することから名前が付いたそうで、我家でもそろそろ葉っぱに赤みが増してきています。
真っ黒に熟した実を鳥達が見つけ、ブルーベリーの実を横取りさせたのと同様に、この子も油断しいてると一番美味しい時期の実をもっていかれてしまいます。

庭仕事の最中に突然バタバタと聞こえる鳥の羽音にびっくりさせられることもシバシバです。モズかしら、よくわかりませんが、結構大型の鳥がやってくるんですよ。

日本原産のブルーベリーといってもよい‘ナツハゼ’ですが、いつから我家にあるのか、どうした経緯で庭に植えられているのか不明です。もしかすると鳥の落し物?かしら。

だとすれば、鳥さんに感謝して、少しは熟した黒い実をわけてあげなくちゃ、ネっ (^_-)-☆



【PR】日本のブルーベリー ナツハゼ(ブンブクチャガマ) 10.5cmポット苗 高さ約50cm は、日光種苗さんちで3,290 円なり~

ナツハゼでジャムや果実種を作ろう! at Rakuten


地元の愛称は「ヤロッコノハチマキ」。黒い実をよ~~く見るとハチマキを巻いたような跡があります。これはお花が咲いたときのガクの名残りだそうです。

またシーボルトはこのナツハゼを日本特有の植物として紹介しています。
これまであまり気にかけてあげなかったナツハゼですが、今後は大切にしようと思いなおしたわたしです^^;



ところで、我家のナツハゼの樹高は私の腰より少し高いくらいで、まだまだ大きくなりそうではあるものの、樹高を生かさずに(^^ゞ スタンダード仕立てをもくろんでいるので、春から伸びる新芽は時々剪定してしまっているのです。
で、私のハサミ攻撃から免れた部分にお花が咲き、後に出来る黒い実は隠れるようにしながらビーズのようにして下がります。まるで黒真珠のネックレスのようでしょ?

紅葉も愉しめ、食べて美味しいナツハゼジャムを作ろう~と思いつつ、いまだ収穫の適期がつかめません。鳥が食べはじめたことを確認できたならば、収穫適期なのかな?
もう少し紅葉してからのほうが、美味しいかしら?

ナツハゼの育て方

■植え付け
通年行えますが、一番の適期は2月~4月で、夏場にキョウレツな陽射しが当たらないようなところを選びます。半日陰から日陰で管理します。
水もち・水はけともによい用土を用い、植え付けの際には腐葉土などを梳きこみます。

■水やり
庭植えの場合にはほとんど不要です。
鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷり与えます。

■施肥
多肥を好みません。成分的にはチッソ系のものは厳禁です。

■剪定
花後に行えますが、強い剪定を嫌います。
毎年少しずつ行うようにします。

■増やし方
挿し木または実生で増やせます。
挿し木の適期は6月。

弊ブログ内関連記事: ナツハゼ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ