スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増えた!ローズマリーの花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月16日 金曜日 [Edit] 




【学名】Rosmarinus officinalis L.
【科名】シソ科 Lamiaceae  【属名】 マンネンロウ属
【和名】迷迭香マンネンロウ) 【英名】Rosemary 
【花色】青色、紫色、白色、桃色
【性状】常緑低木  【原産】地中海地方
【用途】鉢植え 庭植え 花壇 ハーブティー ドライ 

お~~知らぬ間にローズマリーちゃんが昨年よりもたくさんのお花を咲かせていました~
たぶん9月中旬くらいからではないかしら? 
夏に剪定したときにはなかったので、夏の暑さが落ち着いたころから開花しはじめたのではないかと。

あまりにも大きくなって、道路側に張り出すような格好になってしまったので、ヨソサマの邪魔になるのではと、かなり剪定してしまったので、お花は咲かないかと思っていたのですが、嬉しい~

やったね!

昨年、初開花した折には、数輪しかなかった花数も今年は、40~50あるのではないかしら?遠目にみても、わかるようになりました。

でも相変わらず別の品種のほうには、まだお花を見ることはできないのですけど^^;

【PR】 花色も様々 ローズマリーを育てよう♪ at Rakuten

この子は春にお酢に漬けたものがまだ残っているので、お酢を炭酸水で割って飲んでみたり、タオルに吹きかけてお掃除に使ってみたりしています。

もちろんドライにもしてみましたが、お料理に使ったりするなら、常緑なのでドライで保存する必要もないのです。
新ジャガの季節には、定番料理のジャーマンポテトに使います!



もしかするとそのうちにこぼれた種からの発芽!などという嬉しいコトも起こるかも?
でもローズマリーを増やすならば、挿し芽からのほうが手っ取り早いですけどね~

この子はたしか種から育てたはず。購入した覚えはないのです。園芸をはじめたばかりの頃はずい分ハーブにハマりまして、種から育てたものです。
今手元にあるハーブはほとんどがその時代の末裔です。

ローズマリーの育て方

■植え付け
ローズマリーは酸性の土を嫌うため、石灰をまぜてから植えつけます。
少なくとも6時間はお日様があたる場所を選びます。

■水やり
水の与えすぎはご法度です。多少控え気味にしておくほうが元気に育ちます。

■施肥
あまり必要ありません。年に一度か二度、化成肥料を播く程度で十分です。

■増やし方
挿し木から殖やすことができます。適期は春。
タネから育てることもできます。私も一つだけ自分で播いたタネから育ってくれたものを持っています。でも成長が緩慢なので、すぐに葉っぱを利用したいという方には不向きです。

弊ブログ内関連記事: ローズマリー | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ