スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬枯れのフウチソウ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月15日 日曜日 [Edit] 




【学名】Hakonechloa macra
【科名】イネ科 Poaceae 【属名】ウラハグサ属
【和名】裏葉草ウラハグサ) 【別名】風知草フウチソウ
【英名】Hakone grass,  Japanese Forest Grass
【原産地】日本
【用途】鉢植え 地植え シェードガーデン 草モノ盆栽

今年は、11月2日に初雪が降り、その後はおの植物たちも急速に葉っぱの色を変えたり、枯らしており、いよいよおは緑が少なくなってきてしまっております。
初雪はあっという間に解けてしまいましたが、少し残っていたので、記念撮影です。

このフウチソウも地植えと根洗い盆栽で春からずっと頑張っていましたけど、根洗い盆栽のほうはもうすっかり茶色っぽくなってしまっております。
でも地植えのほうはまだ緑色。私の水遣りが少し足りなかったかしら?

【PR】 斑入り、黄色、赤葉までイロイロ、フウチソウを探そう! at Rakuten


でもすっかり枯れてしまったわけではなく、早めに冬支度に入っただけで、春になればまた見事に復活するはずです。兎に角丈夫ですからぁ~
アマリ心配が要らないのも良いところです。

今年は頑張って、盆栽のほうは、稲穂のようにでてきた花を丹念に全部引き抜くようにして摘みましたので、体力も温存していると思いますし!
地植えにしてあるもののほうは、面倒なので切り戻ししちゃいましたけど、いまだに花をつけようとしている子もいたりしてます。



すっかり葉っぱがなくなってしまっても、根っこは息づいておりますので、冬の間も根っこを凍らせないようにしつつ、でも適度に水分をあげつつ、管理せねばなりません。
山野草はこの冬場の管理がポイントですよねぇ~ ^^; 

フウチソウの育て方

■植え付け
植え付けるときに、粘土質を避けて少し砂っぽいところを選ぶと良いのですが、適期は春先。
でも強いので、私の主観では、冬を除けばいつでもできると感じてます。冬場の休眠期でも十分な芽数があればダイジョウブそうです。

■水やり
砂っぽいところに植えてあるのでで土が乾きやすいため、鉢植えなどの時には、こまめに水やりをする必要があります。

■施肥
肥料もほとんど無くても良いくらいですが、生育期の春から初夏にかけて固形肥料を置いておきます。

■増やし方
株分けが簡単です。あまりに大きくなりすぎると掘り起こすのがタイヘンです。鉢植えなら植え替えのときに、株分けして増やすことも容易です。

晩秋になると葉っぱが枯れてくるので、根元からバッサリと切り取っておきます。

フウチソウは水に濡れている姿がまたとても良い感じですし、風にそよぐ姿もまたステキですよね~。秋苗の寄せ植えにはもってこいの名脇役です。


弊ブログ内関連記事: フウチソウ | イネ科の植物 | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ