スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眉刷毛万年青が開花!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月20日 金曜日 [Edit] 




【学名】Haemanthus albiflos Jacq.
【科名】ヒガンバナ科 Amaryllidaceae (Amaryllis and Daffodil Family) 
【属名】ハエマンサス属
【和名】眉刷毛万年青マユハケオモト) 
【英名】White Blood Lily, Paint Brush, Poeierkwas
【別名】ハエマンサスハエマンサス・アルビフロス
【性状】非耐寒性多年草  【花期】9~10月
【草丈】20センチ 【花色】 白色
【用途】鉢植え 

残念 ヘ(x_x;)ヘ

最盛期の一番美しい状態を写真に納めることができませんでした。
この‘マユハケオモト’は、母の友人がもう10年ほども前にプレゼントしてくれたもので、ほとんど手間がかからないので、取り立ててお世話もしていないのにずっと生き延びてくれております。

ただ耐寒性がないので鉢植えで管理し、冬期間は室内に取り込まねばならないのですけど。
10月中旬に蕾があがり、約1ヶ月ほどはお花を楽しめます。

花茎が伸び上がり、満開となった状態はまさにブラシのようです。
ちょうど頬紅などをつけるときに使う大きめのブラシみたいです。



【PR】こんな風に盆栽仕立てにするのもいい感じですね~マユハケオモトは多肉系なので水遣りは少なめがポイント♪です!

和風でも洋風でもOK! マユハケオモトを探そう! at Rakuten


子株の出具合も宜しく増殖も簡単なので、多肉植物が好きな方にお分けするのにももってこいであります。
現在、プラ鉢で管理しておりますが、イマヒトツ^^;
もう少しこの子を引き立ててあげられるような仕立て方を考えてあげないとなぁ~
でも、もうすでに株分け時期は過ぎているので、来年の秋にでも背高のっぽの陶鉢にでも植えつけてみることにいたします(^^ゞ




これまでいつも花茎を切り取ってしまい、花後にどんな姿になるのか見たことがないので、今年はこのままどんなカタチになるのか検証してみます。


マユハケオモトの育て方

■植え付け
水はけの良い用土に、浅植えします。鉢植えが向いています。
深く植えつけないように! 夏場は半日陰で管理します。

■水やり
葉っぱは肉厚で水をたっぷり保持しているので、控えめにします。
あまり多く与えると徒長したり、根腐れの原因になります。

■施肥
秋から冬が生育期になりますので、この時期に緩効性肥料を少し与えます。

■増やし方
株分けで殖やすことができます。株分け前に水遣りを控えめにしておきます。
適期は秋。
親株も子株ともに植え付け後、数日経ってから水遣りをするようにします。


弊ブログ内関連記事: マユハケオモト | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ