スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比内地鶏で親子丼!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年01月16日 月曜日 [Edit] 

比内鶏の親子どんぶり

私にしては珍しく食べ物のアップです!

比内やからのお取り寄せです!
以下比内の鶏肉について、サイトからの引用です。

宅配には、きりたんぽ鍋、焼きだまこセットなどもありま~~~す!

比内鶏は純粋な日本地鶏でもあり、学術的にも価値が高いことから、昭和17年に 国の天然記念物に指定されました。(自由に食べることができなくなりました。)

また、比内鶏は古くから秋田県の北部、比内地方で飼育されてきたので、この名前がついたといわれています。性質は活発です。

多くの日本地鶏のなかにあって、ことさら美味であったため、 鹿児島の薩摩鶏や愛知の名古屋コーチンと並ぶ日本三大美味鶏のひとつ として天下にその名を知らしめるようになりました。

また、比内鶏は普通の鶏に比べて身体が小さく、食用にはあまり向いていなかったことから、昭和48年に秋田県畜産試験場が 比内鶏のオスとアメリカ原産のロードアイランドレッドのメスとをかけ合わせて一代雑種を生産し、これに「秋田比内地鶏」という名前をつけ、現在市場に流通させているのです。

 当社で生産し、全国へ流通させている鶏は100%がメスです。 これは、メスの方がオスに比べて肉の味が良いため、当社ではメスだけを導入しております。

比内鶏の最大の特徴は、肉の味のよいことで、その味はキジやヤマドリのような風味と香味を持っていて、噛む程に味とコクが際だちます。しかし比内鶏は愛玩用、観賞用として飼育されてきたため小型で、産肉性や肥育性など実用面での能力が低いこと。また天然記念物の指定を受けていることから、昭和49年度より比内鶏本来の肉質に重心をおいた上記の組み合わせの『秋田比内地鶏』が生産されております。比内町では町と生産組合がタイアップし、昔ながらの 「放し飼い」だけで育てるという一番手間のかかる方法で日本一の比内地鶏の生産に取り組んでいます。

肉質のよいメスの比内地鶏だけを放し飼いで160~180日の間、育てております。


そしてなんといっても冷凍された比内鶏のだしがいい!
このだしがあれば、向かうところ敵なしです。

卵ももちろん比内鶏の卵を使いました!
なのですが、卵のお写真忘れました。_| ̄|○

色気がないので、ビールのおつまみに常備している枝豆をちょっと乗せてみました~~

てなことでして、まずはお試しアレ!