スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乙女のようなザルジアンスキア

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年03月24日 金曜日 [Edit] 

ザルジアンスキア


【学名】Zaluzianskya ovata
【科名】ゴマノハグサ科 【属名】ザルジアンスキア属
【英名】Night phlox(ナイト・フロックス)または Zulu snowflake(ズル・スノーフレーク)
【品種名】ムーンライトフレグランス
【原産地】南アフリカ

お墓参りの後、またいくつか苗を購入したなかのひとつです。
ラベルがなく、ただ「ハナカンザシ」と書かれてありましたが、これはザルジアンスキアというお花ではないかと。園芸店さん、しっかりぃ~~。
ハナカンザシに似ているけど、昨年購入したハナカンザシよりも、花弁のカサカサした感じが少なく、八重にはなりません。

舌をかみそうな名前ですが、どうやらAdam Zaluziansky von Zaluzianとう植物学者さんの名前をいただいているようです。

花弁の形がかわいらしくて、つい手が出てしまいました。それに加え寒さに強い宿根草でもあることに、惹かれました。

地植えでも越冬できるお花たちで小ぶりなものを物色中です。

【育て方】

春先に出回る株は、温室で促成栽培されているそうなので、しばらくは室内で楽しみます。

 冬の間は、-5℃くらいまで耐えてくれるのですが、霜や雪の下にならないところで管理。低温に合うことで開花するので、甘やかせすぎも良くないです。夏場は、半日陰くらいのところに置き、(ここはハナカンザシと一緒ですね♪)切り戻しなどをしておくと、よいですね。

 夏の高温多湿を嫌うとはいえ、通常の管理では完全に乾かしてしまったりすると枯れてしまいますので、ご注意を!

 沢山の花を次々と咲かせるタイプですので、2週間に1回程度の割合で薄めの液体肥料をあげて、どんどん咲かせてあげるお手伝いをしましょう。

このハナカンザシの花弁は後姿がまたイイ感じ。
裏側は全部赤色をしています。乾燥気味に育てるほうが、元気になりますし、この色の出具合や熱さに弱いところからして、ハンギングや背の高い鉢などに植えると良いですね。

ザルジアンスキア



【PR】 ザルジアンスキア育ててみる?