スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナスタチュームの発芽過程

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年04月15日 土曜日 [Edit] 

ナスタチュームの発芽


【学名】Tropaeolum majus
【科名】ノウゼンハレン科 Tropaeolaceae 【属名】ノウゼンハレン属
【和名】金蓮花(キンレンカ) 
【英名】Nasturtium(ナスタチューム)Indian Cress (インディアンクレス)

ガーデニングをはじめたばかりのころは、色々なお花やハーブの種まきに熱中していたのですが、近年は種から育てることをあまりしなくなってしまったぐ~たらな私も、毎年必ず種を撒いて育てているものがあります。

それは、ナスタチューム - 金蓮花(キンレンカ)

【私流種まき法】

桜の便りのニュースが四国くらいまで聞かれるようになったら、準備開始です。

1.毎年育てているので、種は自分が採取したものをキッチンペーパーに包み冷蔵庫で保管しているので、これを取り出します。

2.外皮が固くしっかりしているものには、カミソリでうっすらと傷をつけます。

3.少しぬるめのお水をお皿にひたひたにして、種を並べ一晩置いておきます。

4.翌日その種を鉢やお庭の地面に2~3粒づつ播いてゆきます。

5.ナスタチュームは種が大きいほうなので、3センチくらいの深さで植えています。

すると、桜がわが地方でも開花する頃には、しっかりと芽を出し始めます。
しかしながら、この方法ですとちょっと問題がっ。

ナスタチュームは様々な色の花を咲かせるので、自然と交配してしまい何色のお花が咲くのかがわかりません。黄色、赤色、オレンジ色などが代表的な色ですので、咲くまで配色が成功しているか否かがわからないことでしょうか。

ナスタチュームの発芽 第二弾


昨今の雨と気温の上昇で見る見るうちに大きくなり始めました。

ナスタチュームの発芽 第三弾


これらのお写真は同じ種のものではなく、同じ日に種まきをしても発芽具合が微妙に違いますので、それぞれの瞬間を写真に収めました。

簡単に育てられるお花ですし、ハーブとしてお花はサラダなどの彩りに、葉っぱもサラダとして食べられるキンレンカは、育てておきたい逸品!でしょう?

この発芽の様子は、まるで赤ちゃんが一人歩きをはじめるかのごとくです。
かわいい~~ ベイビー・ナスタチュームに花が咲くのにそう時間はかかりません。