スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズランが鈴なり!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年05月15日 月曜日 [Edit] 

スズラン


【学名】Convallaria majalis
【科名】ユリ科  【属名】スズラン属
【和名】鈴蘭(スズラン) 【英名】ドイツスズラン、リリー・オブザ バレー
【別名】君影草(キミカゲソウ)

4月の末に蕾を発見しておりましたスズランです。
咲くまで本当にスズランかどうか微妙でしたが、咲いてくれてよかった~
違うモノではないかと訝しく思っていたのです。

何年も咲かなかったお花が咲くというのは、お花の精からプレゼントをもらったみたいでとってもうれしいものです。

スズランは一種に一属しかないのですが、我が家にあるのはドイツスズランという園芸品種だと思われます。日本に自生しているスズラン(Convallaria majalis var. keiskei(=C.keiskei ))は、このドイツスズランから生まれたもののようですね。

【育て方】

今、鉢植えなどで出回っていると思うのですが、茎や葉っぱがしっかししているものを選び、鉢植えのまま鑑賞されたら、真夏はちょっと半日陰くらいのところで管理して、秋になったら地植えにされると、地下茎で沢山増えると思います。

またすでにスズランを育てていらっしゃる方の、株分けの時期も秋です。とても丈夫ですので、大雑把なわけ方でも全く問題ナシです。

【PR】スズラン育てたい?



地植えなら、肥料などにもそんなに神経質にならなくても良いと思うのですが、鉢植えの場合は、1000倍くらいの希釈した液肥をあげると良いと思います。

植え付けのポイントは、日当たりくらいでしょうか?
夏場は半日陰になるようなところ、落葉樹の下などに腐葉土をすき込んでから、植えます。花は太陽が少ないとあまり花つきがよくなりませんので、お花を咲かせるためにはお日様が欠かせません。

スズラン


どこかの洗剤のうたい文句にもあるように、香りがあって、その咲いた姿は、楚々として清らか。とても愛らしい咲き姿です。

しかしそのかわいらしさの反面、秋にできる赤い実には毒があるので誤って口に入れないようにしてください。 

弊ブログ内関連記事: スズラン | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ