スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念願のクマガイソウ!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年05月16日 火曜日 [Edit] 

クマガイソウ


【学名】Cypripedium japonicum Thunb.
【科名】ラン科 Orchidaceae 【属名】キプリペジウム属 (意味:ビーナスのスリッパ)
【和名】熊谷草(クマガイソウ)
【英名】The Japan Cypripedium 【別名】 母衣掛け草(ホロカケソウ)、熊谷草(クマガエソウ) 敦盛草(アツモリソウ)

昨年の記事で、我が家の庭からでなくお隣のオジサマ宅から記事を書かせていただいておりましたが、日曜日にオジサマがなんとクマガイソウをくださいました~

:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:

一昨日の日曜日は、久しぶりに晴れてくれたので、風邪も治りかけているし、思い切って庭木の剪定などをしなければと、パチパチ、チョキチョキ、一日中庭仕事をしておりました。

おかげで昨日も今日も筋肉痛であちこちに心地よい(?)痛みが!!!
特に椿やサザンカの剪定は大変でした。この二種は本来は花が終わってすぐに剪定しないと、来年の花芽を摘み取ってしまうことになるので、時期的にはちょっと遅くなってしまった感じではあるのですが、枝透かしを肝に銘じつつ剪定作業をしてみました。

と、話が本題からずれてしまいました。(^_^;)

である程度剪定作業が終わったので、宿根系の植物たちの余分なこぼれた種から発芽したものを摘み取ったり、株が込み合っているところを分けたりしていると・・・

クマガイソウのガク


お隣のオジサマが声をかけてくださり、「よかったらクマガイソウあげるよ~」と!!! 二つ返事でした。
しかも我が家の庭の中でも、クマガイソウに合いそうなエリアを選んでくださり、深く掘り起こして腐葉土をすき込み、植え付けるところまでやってくださいました。

ありがたや~~ ありがたや~~

クマガイソウの立ち姿


せっかくいただいたものを枯らしてしまっては大変ですので、ここは長年クマガイソウを育てているプロに任せるのが一番です。
このクマガイソウが我が家を気に入ってくれて、来年も花を咲かせてくれるか否か!そこが問題ではありますが、記念写真も撮り、ご満悦のわたしだったのでした。

お写真にも収めたことですし、お花がまだ咲いているけど、花摘をして、来年に備えることとしました。
お花がついたままですと、株が疲れてしまいそうでしたので。

日本の野生ランとしては最大の大きさで絶滅危惧二類(絶滅の危険にあるとされる種)でもある熊谷草ですから、後世に伝えられるようがんばりますっ。山に分け入ってもなかなか自生している場面には合えないそうです。

クマガイソウこちらが本家お隣のオジサマ宅のクマガイソウ
なんと今年は20本のお花が咲いたそうです!