スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋久島石楠花七変化

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年05月20日 土曜日 [Edit] 

ヤクシマシャクナゲの花


【学名】Rhododendron degronianum Carrière subsp. yakushimanum
【科名】ツツジ科 Ericaceae 【属名】ツツジ属
【和名】屋久島石楠花(ヤクシマシャクナゲ)
【英名】Rhododendron

昨年は沢山咲いていたんですが、今年は5月になってからの開花です。叔父から譲り受けた鉢を昨年初めて植え替え作業をしたのですが、あまり上手に植え替えられなかったみたいで、お花の数は少ないし、咲く時期も遅かったのです。

蕾が見え始めてくると、とても来い桃色をしているのですが、蕾がゆるんでくるにしたがって、桃色が薄くなってきて、満開となったときには、花びらは真っ白に変化してゆく、楽しいお花です。

昨今は、西洋石楠花が見事に咲いているお宅を拝見するたび、んんん~欲しいとまた欲しい病が発症したりしているのですが、健気にさく屋久島石楠花は、そうした西洋石楠花にはない、可憐さとつつましやかさがあります。

ちょっと気難しい、デリケートな一面もある意味、育てる側にとっては楽しみのひとつ。
ヤクシマシャクナゲの蕾


ほ~~~ら こんなにピンク色が濃いんですよー。
つぼみが固いときには、まるで一つしかお花は咲かないように見えるのに、倍倍に増えてゆく感じで、花びらが開いて、チアガールの方が使うぽんぽんのようにまあるく咲いてきます。