スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼咲月見草が咲きました!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年06月05日 月曜日 [Edit] 

昼咲月見草のオシベ


【学名】Oenothera speciosa
【科名】アカバナ科 Onagraceae  【属名】マツヨイグサ属
【和名】昼咲月見草(ヒルザキツキミソウ)
【英名】White Evening Primrose
【別名】オエノテラ オエノセラ(エノテラ)または スペキオサ ツキミソウ

このエノテラは、繁殖力旺盛!地下茎でどんどん増えます。お日様が当たっているところなら、ちょっとした隙間でも生きていけるのですごい!
抜いても抜いてもその姿を消すことは無いともいえるほどの強靭さです。

なのに、花は楚々としていて、花茎も細く風にゆらゆら。花の寿命は短く、数日で枯れてしまいます。でも蕾が一つの花茎に沢山あって、次々と咲きます。

ツキミソウといわれているものは、夕方に咲いて朝にはしぼんでしまうのですが、このヒルザキツキミソウは、朝咲きます。

昼咲月見草の蕾


蕾はしゅっとした細い形をしていて、薄い花弁を包んでおり、この蕾が膨らむというようよりも、花の大きさの長さになると、徐徐に蕾が太くはならずに、あれっという間にお花が咲きます。

時々地植えにして群生させているお宅を見かけますが、おそらくほとんど手間いらずで増えたに違いないなあ~などと思ってみているのでした。

地下茎が思わぬとこまで這っていってしまうので、私の場合はお花が終わったら少し地下茎を抜いてしまったりしています。

このヒルザキツキミソウは、種から育てたのですが、繁殖はとても簡単でした。こぼれた種からの発芽率もかなり高いのではないかと思います。

多年草図鑑1000―PERENNIALS 永久保存版 多年草図鑑1000―PERENNIALS 永久保存版
植村 猶行 (1997/08)
日本ヴォーグ社
この商品の詳細を見る