スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どっ派手!リビングストーンデイジー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年06月06日 火曜日 [Edit] 

リビングストンデイジーの花びら


【学名】Dorotheanthus bellidiformis (Burm.f) N.E.Br.
【科名】ツルナ科 Mesembryanthemaceae / Aizoaceae ハマミズナ科 (ay-zoh-AY-see-ee) または ツルナ科
【属名】ドロテアンサス属  【和名】紅波璃(ベニハリ)
【英名】Buck Bay vygie、Livingston Daisy、  Livingstone Daisy、 Ice Plant 

一年草のマツバギクによく似た「リビングストンデイジー」です。以前はツルナ科の植物だったそうですが、現在はハマミズナ科の植物になるようです。

流通名は「リビングストンデイジー」でも「リビングストーンデイジー」でも良いようで、英語ではLivingston(e)のeがあったり、なかったり。(^_^;)

【育て方】

苗で購入したものは、水はけのよい土に植えつけます。
葉っぱは特徴的な多肉植物で、肉厚。ジメジメしたところは嫌います。
また、多肥も好みません。

とにかく太陽がダイスキなので、室内で管理するよりも屋外で管理したほうがよいです。

増やし方ですが、今頃の時期に挿し穂をとって、清潔な用土(川砂)などに挿しておきます。
リビングストンデイジーたち


実はこの苗は知人からいただいたのですが、あまりにその発色が良すぎて、目にまぶしく、私が園芸店で見かけたとしたら、きっと選ばなかったと思うのですが・・・。

色も多種あり、元気が欲しいお庭にはオススメです。ロックガーデンに向いていますね。