スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーマンディとアーマンディ・アップルブロッサム

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月28日 土曜日 [Edit] 




【学名】Clematis armandii 'Apple Blossom'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属
【英名】Armand's clematis   Evergreen clematis
【別名】アーマンドのクレマチス
【系統】冬咲き系 フラミュラ系 常緑系 【咲き方】一季咲き(1~4月) 4~6弁咲き 
【花径】3~5センチ 【高さ】400~600センチ 【耐寒性】強い -15℃
【花色】ペールピンク 【剪定】弱剪定 旧枝咲き  【芳香】あり
【流通名】アーマンディ(アルマンディー)  ‘アップルブロッサム’
【原産地】中国中西部
【用途】庭植え向き
【備考】#C029

またしてもこらえ性の無い私を露呈・・・ 二年目の秋をむかえた常緑のクレマチス・アーマンディ‘アップルブロッサム’を地植えにしちゃいました^^;
1月にはちょこっと動いていた‘アップルブロッサム’でしたが、鉢の中で順調に成育したことを良いことに、絶対に地植えにするには早いとわかっていながら、地面に下ろしてしまいました^^;

そのせいか、その後はほとんどツルが伸びていない様子です。でも、古参の‘アーマンディ’もこのところめっきり音沙汰無しな雰囲気なので、そんなものかも!と自分を納得させつつ、葉っぱが枯れていないというだけで、安堵している私です。


【PR】桃色が好きなら、クレマチス アーマンディーがオススメ♪ at Rakuten

アップル・ブロッサムは花つきがとても良いクレマチスと言われております。
早春咲きで常緑。他のクレマチスの先陣をきって咲き始めます!


本当ならばもう一度鉢増しして、根っこがグルグル巻きになってから地植えにせねば、後々生育具合がすこぶる悪くなり、以前にも古参のアーマンディにそうした現象が起きていたにもかかわらず・・・

しかしながら、そうした古参のアーマンディもさすがに来春にはお花を咲かせそうな感じです↓

[アーマンディとアーマンディ・アップルブロッサム]の続きを読む

ラベル訂正!? イオナンタ No.15

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月27日 金曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia ionantha (ee-oh-NAHN-tha)
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】チランジア イオナンタ 【英名】 【別名】エアープランツ 
【原産地】メキシコ、ガテマラ など 熱帯アメリカ 【標高】450~1700m
【性状】非耐寒性着生植物   【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め
【系統】銀葉系 中型 【草丈】15cm 【花期】5~7月 【花色】紫色 【花苞】赤色
【購入先】ダイソー 【販売元】
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 素焼き鉢 水苔 流木 コルク板
【備考】A#025

先日ご紹介した偽?オアクサカーナ(お写真が似たようなモノでスミマセン^^;)卵の殻に飾っているのは、やはりダイソーさんちでもちろん100円で買った子です。袋にプリントされていたのはNo.15でしたが、品種名は白い紙で隠され、黒字で「T.イオナンタ」とスタンプが押されておりました~

名前のイオナンタ(ionantha)にはギリシャ語で「ion=紫色」、「anthos=花」という意味があり、文字通り紫色のお花が咲きます。開花時期には葉っぱもクリムゾン色に紅葉し、花後には群生するかわいい小型のタイプのティランジアです。トリコームも美しく、まるでウニのような形です。もっとも流通しているティランジアのひとつになります。

原生地においては、子株が群生してクランプとなり、丸い鞠のような形となって樹木に着生したりするそうです。ガテマラとメキシコ原産のものでは、大きさが異なり、ガテマラのものは10cm程度、メキシコのものはもう少し小型で5-6cm、標高450~1700mくらいに自生しています。

イオナンタには、交配種がイロイロあって一口にイオナンタと言えないようですが、かくいう我家にもすでに‘ルブラ’、スカポーサ(コルビー)、そしてイオナンタイオナンタの三種があります。
交配では、ほかにへぇ~と思ったのは、カプトメデューサエとの交配品種もあるんですよ~
神様ったら粋なお計らい^0^ なんだかそうした結婚から生まれた子供ってどんな咲き方するのかしらぁ~ キョウミシンシンです♪

とにかくエアプラを育ててみよう!ということでしたら、このイオナンタがオススメです(o^-')b

昨日ご紹介した‘ベルティナ’と‘偽オアクサカーナ’とともに、卵の殻に入れて三つをまとめて篭盛りで愉しんでおります。もっとも‘ベリティナ’は思いのほか生育が早くて飛び出しはじめておりますが。
[ラベル訂正!? イオナンタ No.15]の続きを読む

ジンジャーは開花せず *o_ _)oバタッ彡☆

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月26日 木曜日 [Edit] 




【学名】Hedychium coronarium Koenig
【科名】ショウガ科 【属名】ヘデキウム属 または シュクシャ属
【和名】Gingerジンジャー) 【英名】Ginger Flower Butterfly lily Ggarland flower White ginger など 【別名】花縮紗ハナシュクシャ) 
【原産地】インド 東南アジア
【性状】半耐寒性根茎植物 【草丈】1~1.5m 【花期】8~10月
【販売元】サカタのタネ
【用途】地植え 鉢植え 秋花壇 切花 

あぁ~~残念・・・ *o_ _)oバタッ彡☆

イタダキモノのジンジャーの花、今年は咲かずに終わってしまいました。
もうすっかり葉っぱが茶色になっているので、このまま球根は掘り上げるしかありません。

何が敗因だったんだろう~~? がっかりだなぁ~ 植え付けのときに元肥えはしっかりあげていたのですけど、葉っぱのときにはアマリお世話しなかったからかなぁ~


【PR】ジンジャーミックスは、インターフェース市さんちで615 円 也~ 

春にサカタのタネさんちで販売しているこの球根たちを植えつけました!

春が狙い目!ジンジャーを探そう! at Rakuten


ともかくお花は咲かなかったものの、球根は太っていると思うので来年に期待することとして、私のニガテとする球根の掘り上げ作業を済ませなければっ^^;
[ジンジャーは開花せず *o_ _)oバタッ彡☆]の続きを読む